2011年07月20日

5g

こんにちは、宮本です。
今日は暑かったですねあせあせ(飛び散る汗)
今日の午前中は外壁の洗浄をしました。洗浄作業中はビニールのカッパを着ています。恐ろしい量の汗をかきながらの作業になります。多分5gくらいは汗が出たのではと・・・。

1.gif

先日塗装工事が終わったお宅をご紹介します。
平成13年建築の住まいのクワザワの住宅です。

2.gif

どのお客様も外壁の色、屋根の色、どんな色にするか気の毒なくらいに悩みます。私もできる限りアドバイスをして一緒に悩むのですが、色には正解がないため最終的にはお客様の好みと決断で決めていただくしかありません。

こちらのお客様も昨年の秋からご予約をいただいており、色の検討をしていただきましたが、最終的に色が決定したのは工事が始まる前日でした。

3.gif
悩んだ甲斐があってとても気に入っていただけました。塗り替える前にはどっしりとした色でしたが、塗り替え後は爽やかな印象に変わりましたね。

4.gif

屋根の色は赤に近いオレンジです。

5.gif

お約束の灯油タンク塗装。新品のようになります。

今もたくさんのお客様からご予約をいただいております。皆さま、色、決まりましたか?(笑)

おわり

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
  住まいの塗装 あおば塗工舎
ホームページhttp://www.aoba-tokosya.com
フリーダイヤル 0120-970-929
FAX 011-206-6110
E-Mail info@aoba-tokosya.com
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
posted by mjoy at 21:32| 北海道 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月09日

3面接着

こんにちは、宮本です。
ご予約いただいたお客様の工事は日々進行しておりますがブログのアップができておりませんねあせあせ(飛び散る汗)

先日工事が終わったお客様のお宅をご紹介します。

1.gif

平成13年建築の住宅です。

2.gif
このように完成しました。
全面はデザインパネルで2色塗りで仕上げました。ピンク色に見える側面は「オレンジ色のようなピンク色のような・・・」というご要望にジャストな色で仕上げることができました。

3.gif

現状の屋根は黒系のでしたが

4.gif

紫っぽい茶色・・・というご要望にローズワインをご提案しました。
前面のデザインパネルにも、側面のオレンジピンクにもよく調和した色に仕上がりました。

話題は変わりますが、コーキング・・・

5.gif

打ち替える個所を撤去しますと通常はボンドブレーカーと言って、施工したコーキングが3面接着にならないようにするためのフィルムが奥の面に設置されています。
つまり、コーキングは「コの字」状の溝に対して奥の面に接着させてはダメなのです。両側面に接着させて、奥の面には接着させないように施工しなければいけません。コーキングは2面接着が基本です。奥の面にコーキングを接着させてしまうと建物のひずみに追従できずコーキングがひび割れてしまいます。コーキングを撤去しますと奥の面にあるはずのボンドブレーカーがありませんでした。

6.gif

急遽、ボンドブレーカーの役目をはたす、ウレタンのバックアップ材を施工しました。

7.gif

長年の経験を積み重ねているベテランのペンキ屋さんでも、コーキングの2面接着の原則を知らない方が多いです。

施主様に工事の仕上がりをとても気に入っていただきました。
施工中はたくさんのお気遣いをいただきましたこと、この場をお借りしてお礼申し上げます。
ありがとうございました。


おわり

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
  住まいの塗装 あおば塗工舎
ホームページhttp://www.aoba-tokosya.com
フリーダイヤル 0120-970-929
FAX 011-206-6110
E-Mail info@aoba-tokosya.com
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

posted by mjoy at 22:05| 北海道 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月19日

アーキビジョン21・住友林業・etc

こんにちは、宮本です。
お久しぶりです。

たくさんの、本当にたくさんのお客様からご予約をいただいており、感謝申し上げます。着手はお待ちいただくことになるのに、皆さん待っていただけるとのあたたかいお言葉。ありがとうございます。
工事をお待ちいただいているお客様。ブログは更新していませんが工事は着実に進んでおりますのでもう少々お待ちください。

最近着手したお家をご紹介します。

1.gif

平成6年建築のエス・バイ・エルの住宅です。10年ほど前に外壁の改修をしました。今回は屋根・軒天井・玄関ドアを塗装します。

2.gif

平成4年建築の北ガスハウジングの住宅です。同じく10年ほど前に外壁の改修をしました。屋根と軒天井を塗装します。

3.gif

平成17年建築のアーキビジョン21の住宅です。木製サッシや木製バルコニー、木製玄関デッキ。ご自分で手の届く範囲をこまめにお手入れされていましたが、築6年目にしてプロのペンキ屋さんに塗ってもらいたいとのことでご用命いただきました。

4.gif

平成13年建築の住友林業の住宅です。外壁・屋根を塗装します。前面のデザインパネルは2色塗装をします。

5.gif

築?十年の住宅です。昭和59年に東日本ハウスで2階を増築して改修工事を行いました。外壁・屋根を塗装します。

6.gif

平成13年建築の住まいのクワザワの住宅です。外壁・屋根を塗装します。昨年の秋からご相談くださって、今春早々にご予約をいただいておりました。

7.gif

平成10年建築のビルトモアの住宅です。外壁・屋根を塗装します。当店より安い業者さんもあったのですが、光栄にもご用命いただきました。

8.gif

平成7年建築の丸高ハウスの住宅です。11年前に屋根、8年前に外壁を塗装済みですが、今回は2回目の塗装です。前回の業者さんではなく当店にご用命いただきました。外壁と屋根を塗装します。

来週あらたに着手するお宅もあります。皆さま、ありがとうございます。
見積もり提出をお待ちのお客様、必ず1週間以内に提出するようにしております。もう少々お待ちください。

着工予定の連絡待ちのお客様。ご用命いただいたときに申し上げた時期で大きなズレはありません。まもなくご連絡いたします。

これから塗装工事をご検討のお客様。まずはお電話、または、当店ホームページの見積もり依頼フォームからお申し込みください。お待ちしております。


おわり

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
  住まいの塗装 あおば塗工舎
ホームページhttp://www.aoba-tokosya.com
フリーダイヤル 0120-970-929
FAX 011-206-6110
E-Mail info@aoba-tokosya.com
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
posted by mjoy at 23:30| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月04日

HONKA(ホンカ)

こんにちは、宮本です。
ログハウスの塗装工事が完成しました。

1.gif

フィンランド製のHONKA(ホンカ)というログハウスです。
ログハウスなので外壁材が内装材です。わかりづらいですね。
壁に使用している木材が外側が外壁であり、内側が室内壁といえばわかりますか?

弱溶剤形のアクリルシリコン樹脂で仕上げました。

2.gif

玄関ドアもお客様のご要望でこのように塗り替えましたが、大正解でした。

3.gif

塗り替える前はこのような色でしたが今回塗り替えたことでとてもいいアクセントになりましたね。

施主様には施工中においても大変お世話になりました。今後とも末永くよろしくお願い申し上げます。

おわり

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
  住まいの塗装 あおば塗工舎
ホームページhttp://www.aoba-tokosya.com
フリーダイヤル 0120-970-929
FAX 011-206-6110
E-Mail info@aoba-tokosya.com
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

posted by mjoy at 21:39| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月22日

樹脂サッシの塗装

こんにちは、宮本です。
5月も下旬にさしかかりました。新しい塗装工事も順次着手しております。

1.gif

こちらの住宅は平成6年に建築。平成12年に金属サイディグ改修しました。そしてその11年後の今回、初めての塗装工事を行います。

2.gif

ガルバリウム鋼板という錆びづらい素材でもこのように錆びて所々塗膜が浮いた状態になっています。

3.gif

塗膜が浮いている個所はケレンという作業で均します。

4.gif

屋根面もこのように全体をケレンして均します。

5.gif

金属サイディングは窓周りや換気口周りに防水のシリコンが打たれていますが、シリコンの上にそのまま塗装すると翌年には剥離してしまいます。シリコン個所は全てシリコン止めの処置が必要です。

6.gif

仕上がりが楽しみですね。

7.gif

そしてもう1件。
築18年のこちらの住宅は今回が2回目の塗装工事です。

8.gif

もともとはサテングレーの樹脂サッシも褪色して白っぽくなってます。今回はこの樹脂サッシも塗装します。

9.gif

必ずご満足いただけるように施工いたします。

おわり

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
  住まいの塗装 あおば塗工舎
ホームページhttp://www.aoba-tokosya.com
フリーダイヤル 0120-970-929
FAX 011-206-6110
E-Mail info@aoba-tokosya.com
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
posted by mjoy at 22:48| 北海道 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月14日

ログハウス

こんにちは、宮本です。
今日も不安定な空模様&気温の低い一日でした。

少し前に完成した住宅の塗装工事をご紹介します。
まずは完成画像です。築18年の木造住宅。今回が初めて塗装工事でした。

2.gif

施工前はこのような感じでした。

4.gif


そして、玄関ドアも塗装し直しました。
このように少々くたびれた感じのドアが

4.gif

ご覧のとおりピカピカの新品のようになりました。

1.gif

そして、現在施工中の塗装工事のお宅。

9.gif

外壁の下塗りは水性カチオンシーラーで塗りました。
カチオンとはプラスイオンです。外壁は電極的にマイナスなので、カチオンシーラーは化学的に電着するシーラーです。

3.gif

屋根の塗装をする前に丁寧にペーパーがけ。

4.gif

屋根塗装には欠かせない作業工程です。

そして新たに着手した塗装工事現場。
外国製のログハウスです。

5.gif

ログハウスの塗装は初めてです。私もいろいろ勉強して今回の工事に着手しました。

6.gif

完成が楽しみです。

7.gif

おわり

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
  住まいの塗装 あおば塗工舎
ホームページhttp://www.aoba-tokosya.com
フリーダイヤル 0120-970-929
FAX 011-206-6110
E-Mail info@aoba-tokosya.com
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●



posted by mjoy at 22:17| 北海道 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月08日

綺麗に除去

こんにちは、宮本です。
暖かくなったかと思うと、雨や肌寒い天候が・・桜の季節だというのにどうなってるのでしょう?

5.gif

さて、先日着手した住宅の塗装工事ですが、築18年で今回が初めての塗装工事。損傷個所が多く、大規模な補修が必要でした。

1.gif

コーキングの全撤去・打ち直しはもちろんですが、細かなヒビもいたる所にあり、見つけるのが大変です。大きな損傷個所よりもむしろ小さなヒビを見逃さないように注意が必要です。

2.gif

このように見つけにくいヒビも確実に拾って補修します。

3.gif

コーナー役物の角がかなり幅広く開いておりましたので、微弾性フィーラーで全て埋めました。

4.gif

玄関風徐室で守られているはずの木製玄関ドアも、長年の人の出入りによって自然と傷や擦れによる色あせが目立ちます。こちらの玄関ドアは、クリアラッカーによって表面処理されています。この場合、古い既存のクリアラッカーを完全に除去しなければなりません。

5.gif

機械を使ったり

6.gif

機械が使えない部分は手作業で、丁寧に全て除去して下地の木肌を完全に表さなければ綺麗な仕上げにはなりません。

7.gif

こんな感じで・・このままでもいいくらいに綺麗に除去できました。
さてさて、外壁や玄関ドア。これからいよいよ塗りの作業が始まります。

8.gif

そして、こちらは新たに先日着手した住宅の塗装現場です。
築10年が経過した住宅です。最初にご相談いただいたのは今年2月の下旬。まだ雪が積もっている頃でした。

9.gif

どんな仕上がりになるのか楽しみです。

現在、多くのお客様に塗装工事のご予約をいただいております。
天候が悪く、なかなか工事が進みませんが、慌てずじっくりと丁寧に仕上げていきたいと思っております。
また、現在お見積もりの提出をお待ちいただいているお客様。必ず1週間以内に提出させていただきますのでもう少々お待ちください。

たくさんの工事のご予約。そしてたくさんのご相談。
ありがたいことです。心より感謝申し上げます。

おわり

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
  住まいの塗装 あおば塗工舎
ホームページhttp://www.aoba-tokosya.com
フリーダイヤル 0120-970-929
FAX 011-206-6110
E-Mail info@aoba-tokosya.com
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

posted by mjoy at 22:05| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月01日

築18年

こんにちは、宮本です。
今日から5月ですね。せっかくの連休もいまひとつ天候がパッとしませんあせあせ(飛び散る汗)

さて、先日着手した工事が完成しました。
今年の冬に最初の相談をいただいて、今春の工事を予約いただいておりました。
このブログでも以前記事にしましたが、今年の冬をこれ以上損傷が進行しないように2月に応急処置をさせていただいたお客様です。

2.gif

応急処置は2月であったのでできる処置にも限界がありましたが、この冬を見事に越して厳寒期の損傷進行を抑えることができました。

1.gif

施工前の状態です。(今年2月撮影)
外壁の色や屋根の色は今回全く変えず同色で塗装したいとの施主様のご希望でした。

1.gif

塗膜が浮いているように見えますが、実は外壁材そのものが浮いているのです。
ALC(軽量気泡コンクリート)の外壁材は、断熱性が高く外断熱性能は素晴らしいのですが、外部からの水分に弱いという欠点がありますので、塗膜が劣化した場合、速やかに補修しなけれがいけません。

2.gif

今回はALC補修剤や、変成シリコンコーキングを損傷具合によって使い分けて補修を行いました。

3.gif
完成画像です。
施工前の塗膜状態が非常に悪かったため、今回は弱溶剤型の二液形シリコン樹脂で施工しました。
工事中は雨にたたられ、工事期間が予定より大幅にかかってしまい、申し訳ありませんでした。
また、施工中は休み時間などにお気遣いをいただき、ありがとうございました。

4.gif

そして、新たな塗装工事現場です。
築18年のこちらの住宅。今回が初めての塗装です。
さすがに18年間塗装をせずにいたため、外壁やコーキングは著しい損傷があります。

5.gif

とにかく補修をがっちり行って、次回の塗り替え時期まで10年間持たせるように施工したいと思います。

おわり

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
  住まいの塗装 あおば塗工舎
ホームページhttp://www.aoba-tokosya.com
フリーダイヤル 0120-970-929
FAX 011-206-6110
E-Mail info@aoba-tokosya.com
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

posted by mjoy at 20:31| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月27日

ALC

こんにちは、宮本です。
更新をさぼってしまってすみませんあせあせ(飛び散る汗)
けっして仕事をさぼっていたわけではありません。

7.gif

前回のブログ記事の続きですが・・このようにポッカリと開いた穴を

8.gif

ウレタンフォームを注入して、完全に乾かしてからはみ出したウレタンを削り取り、
アルミテープを貼って塗装しました。

1.gif

これで安心です。

2.gif

完成しました。
施主様から工事中は休憩時間にお気遣いいただきありがとうございました。
今後とも末永くよろしくお願いします。

3.gif

そして新たに着手した塗装工事現場です。
外壁は軽量気泡コンクリートパネル。通称ALC外壁材です。
ご相談をいただいた時点で表面塗膜がはがれていましたので、越冬対策として表面の塗膜劣化を応急処置をしておいたお宅です。

4.gif

凍害による損傷個所がありますので補修作業も必要です。
建築後、今回が2回目の塗装工事です。
初回の塗装業者には残念ながらご満足いただけなかったとのことで2回目の今回は当店にご用命いただきました。
必ずご満足いただけるように施工いたします。

おわり

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
  住まいの塗装 あおば塗工舎
ホームページhttp://www.aoba-tokosya.com
フリーダイヤル 0120-970-929
FAX 011-206-6110
E-Mail info@aoba-tokosya.com
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
posted by mjoy at 20:39| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月14日

ウレタンフォーム

こんにちは、宮本です。

先日着手した住宅の塗装工事現場。
その後ですが・・・

1.gif

前回施工した塗装が所どころ剥がれています。
これは、金属系サイディングのいたる所にあるシリコンコーキングが原因です。
ペンキが密着しづらいシリコンコーキングの上にそのまま塗装したためにこのように剥がれたのです。

2.gif

金属系サイディングに塗装工事をする場合はこのようにシリコン止めを処置しないといけません。
非常に高価な材料ですがこれを省くとやがて塗った塗料が剥がれてしまいます。

3.gif

シリコンコーキングの部分はいたる所にありますが、全てこのようにシリコン止めを処置します。

4.gif

施工中、イヤな物を発見しました。外壁材が錆びていますが表面だけではなく意外と深い錆のような予感がしたのでワイヤーブラシで念入りに磨いてみたところ・・・

5.gif

やっぱり・・完全に侵食して穴が空いていました。一見、見過ごしてしまいそうな錆ですが発見したからには気になってあちこち点検すると十数か所にこのような浸食がありました。発見できてよかったです。

6.gif

パテ埋めしましたのでこれで安心です。
比較的高い位置に集中していたため、見積もり調査段階では発見できませんでした。

7.gif

こんな物も発見しました。
このパックリと空いた穴。これは、傷んで空いた穴ではなくてサイディング工事をしたときに塞ぎ忘れたか、または面倒くさくて塞がなかったかです。

こんな工事をして、いい加減腹が立ってきます。

8.gif

とにかく塞ぐ方法を考えた結果、ウレタンフォームを注入することにしました。
注入した直後の画像がこれです。このあと、翌日に完全に乾いて硬化したウレンタンフォームのはみ出した部分をカッターでカットして平らにし、アルミテープを更に貼り付けて外壁と同じ塗料で塗りました。

9.gif

屋根塗装も一回目の塗装で綺麗に仕上がりましたが、日にちを置いてもう一度塗装します。
もともとはブルーの屋根でしたが今回はセピアブラウンで塗りました。

もうすぐ完成です。

おわり

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
  住まいの塗装 あおば塗工舎
ホームページhttp://www.aoba-tokosya.com
フリーダイヤル 0120-970-929
FAX 011-206-6110
E-Mail info@aoba-tokosya.com
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
posted by mjoy at 23:22| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする