2015年01月19日

札幌・江別の外壁塗装 すでに春の気配!

こんにちは、宮本です。

週末は大雪で大変でしたね。
まだまだ春は先ですが、早くも春の塗装工事についてご検討されているお客様からお見積りのご依頼をいただいておりますので、私はすでに春の気配を感じております。

雪かきで体を痛めたり、雪道で転倒などなさらないようご注意ください。

皆様と同じく、私も春が待ち遠しいです。

おわり

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

  住まいの塗装 あおば塗工舎
【ホームページ】 http://www.aoba-tokosya.com/
【フリーダイヤル】 0120-970-929
【FAX】 011-206-6110
【E-Mail】 info@aoba-tokosya.com

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
posted by mjoy at 17:58| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月03日

札幌・江別の外壁塗装店が北海道神宮初詣 お賽銭はニコニコ

こんにちは、宮本です。

皆さま、新年あけましておめでとうございます。
札幌近郊の天候は大きく荒れることなくお正月を迎えていますね。

新年の初詣、今年も北海道神宮へ行って参りました。

1.gif

思えば今年で30回目の北海道神宮初詣です。
30回目ということで、例年は正月三が日を過ぎて行くところを混雑覚悟で行って参りました。
30回も来たかな?という気もしますが、初めての北海道神宮初詣から毎年一度もさぼったことはないので間違いなく30回目です。どうりで知らないうちに歳をとるわけですね。
今回初めてこのような光景に遭遇しました。
どのような意味の行列なのかわかりませんが、画像におさめないのはもったいないという思いで撮影しました。

2.gif

到着は午前8時半頃でしたが、まだ早い時間であったため思ったほど混雑はしていませんでした。
手水舎で左手、右手を清め、そして左手で口元を清め神殿に向かいます。雪を踏む足音がキュッキュッとなんとも気持ち良く神前に。
元旦初詣の混雑に備えて設置された大型の賽銭受けがそのままでしたので、鈴を鳴らしてお参りすることはできませんでしたがお賽銭を入れて二礼二拍手一礼。
よけいなことかも知れませんが、お賽銭はニコニコを願って250円250円、100円硬貨4枚と50円硬貨2枚を賽銭受けに入れてきました。

3.gif

さて、例年どおり絵馬に願いをと思い、守札授与所に並びました。
絵馬だけでなくお札やお守り、破魔矢などが飛ぶように売れていた、というのは不謹慎ですね。

4.gif

健康が一番です。皆さまのご健康を祈り、今年も一年工事の無事故を誓いました。

5.gif

境内ではこれから参拝に向かう人混みの行列とすれ違いながらの帰り道でした。

今年もたくさんの塗装工事のご予約をいただいております。
春先一番の仕事を心配をせずに、春までのあいだ、ご予約の工事の準備に専念できるのは幸せなことです。
皆さまには本当に感謝です。
事故の無いように、喜んでいただける品質重視の施工を今年もおこないます。
本年もよろしくお願い申し上げます。

おわり


●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

  住まいの塗装 あおば塗工舎
【ホームページ】 http://www.aoba-tokosya.com/
【フリーダイヤル】 0120-970-929
【FAX】 011-206-6110
【E-Mail】 info@aoba-tokosya.com

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●




posted by mjoy at 12:55| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月29日

札幌・江別の外壁塗装店 小規模経営

こんにちは、宮本です。

今年もたくさんの皆さまにご用命をいただきました。

a.gif

毎年のことですが、初夏にご用命いただいたお客様は晩秋の頃の施工になってしまいました。
また、お盆前にご用命いただいたにもかかわらず、本年の施工ができないことをお伝えしても、ほとんどのお客様が来年まで待っていただけるとのお言葉。

b.gif

とても申し訳なく思いますのと同時に、待っていただけることに本当に心から感謝しております。

c.gif

こんな小さな塗装店ですが、お客様のおかげで仕事に困ることなく運営ができております。

d.gif

当店は会社の規模を拡大して売り上げをどんどん伸ばしていくことは考えておりません。
むしろ小規模経営に徹し、私自身が一流の技術を持った当店の職人と一緒に、一軒一軒のお宅を丁寧に施工して、お客様と末永く良好なお付き合いをしたいと思っております。
来シーズンも品質重視の丁寧な施工をいたします。

e.gif

穏やかで幸せなお正月をお過ごしください。

雪だるま.gif


おわり

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
  住まいの塗装 あおば塗工舎
【ホームページ】 http://www.aoba-tokosya.com/
【フリーダイヤル】 0120-970-929
【FAX】 011-206-6110
【E-Mail】 info@aoba-tokosya.com
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

posted by mjoy at 18:57| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月04日

外壁に塗ると冬は暖かく、夏は涼しくなる断熱塗料!

こんにちは、宮本です。
本州では急速に採用が広がってきている省エネ塗料。
なかでも「ガイナ」という塗料は2010年度から4年連続でシェアトップになりました。

私もこの「ガイナ」、5年前から興味をもち、是非取り扱ってみたいと思っていた塗料でした。

本州では広がっている省エネ塗料ですが、北海道ではあまり認知されていないようです。
その理由の一つに省エネ塗料の効果は特に夏場の照りつける日差しによる室内温度の上昇を抑える遮熱塗料としての効果ばかりが注目されているため、北海道ではそれほどニーズがなかったからだと思います。

しかし、断熱塗料として考えたとき、冬の暖房費用を抑えると同時になんといっても室内の寒さを自然に抑えて快適な住空間に変えることができる外壁塗料であるとしたら、北海道でもこれからは徐々に広がっていく塗料ではないかと思います。

当店は今年6月、東京へ行き「ガイナ」の製造・開発をした日進産業の体感講習を受講しました。
そして7月、「ガイナ」の取扱店として契約を締結しました。

1.gif

当店にとって「ガイナ」を初めて施工させていただく施主様の住宅です。
屋根の色褪せ、外壁の汚れや損傷が目立ちます。

2.gif

施主様の希望は外壁を白に近い色で塗り、屋根は濃紺で。
そして、「ガイナ」によって冬の寒さを少しでも和らげたいということです。
「ガイナ」が一般的な外壁塗料よりも約2倍長持ちするという点も採用していただいた理由です。

3.gif

施工にあたって、まずは損傷個所の修復です。
このように大きな亀裂もいくつかありました。

4.gif

ご覧のように、亀裂に充填剤を注入して亀裂内部を接着する方法で補修しました。
よくある表面をコーキング剤で安易に隠す方法とは違ってきれいに修復できます。

5.gif

おそらくスガ漏りによる損傷だと思いますが、軒天井が損傷しています。
いざ補修をしようとしたところ、この部分から侵入したのでしょう、黒スズメ蜂の巣がありました。
専門業者に駆除してもらいましたが、外壁の裏にまで巣を作っていたため外壁を壊しながらの駆除でした。

6.gif

軒天井、そして蜂の駆除の際に壊した外壁も修復しました。

7.gif

この部分は外壁の交換が必要です。
赤点線部分は外壁の下端と屋根が接触していますね。これでは外壁が傷むのも当然です。

8.gif

傷んだ外壁を取り除き、内部の状態を確認したところ通気層をつくる胴縁も内部結露で傷んでいましたので交換しました。

9.gif

屋根との隙間を3cmあけて外壁ボードを張りました。
こうすると雨や雪などによる外壁の傷みが抑えられ、長持ちします。

10.gif

雪で破損したと思われる、換気フード。

11.gif

新しいものと交換しました。

12.gif

「ガイナ」はペール缶に密封した状態で納入されます。

13.gif

「ガイナ」はセラミック約60%、アクリルシリコン約20%、水約10%で構成される塗料です。
宇宙航空研究開発機構(JAXA)がH-Uロケットの開発に際し、打ち上げ時の熱から機体や搭載した人工衛星を守るために、ロケット先端部に塗布する断熱技術を開発しました。
その技術を民間転用し、日進産業がその宇宙技術を応用して開発・製造している製品です。

14.gif

断熱塗料として寒さ暑さの対策になるだけでなく、外部からの騒音を遮音、室内に塗れば保温や空気質の改善、結露対策など様々な効果があります。

15.gif

完成です。真っ白だと寒そうに見えるのでアイボリー系の白い外壁色と施主様ご希望の濃紺の屋根色に仕上げました。

16.gif

一般的な塗料と違って、艶消しの質感も非常に高級感があっていいです。

17.gif

外壁の色と屋根の色の相性もいいですね。

18.gif

お客様にも大変喜んでいただき、こちらとしても嬉しく思います。
冬の暖房費がどれくらい抑えられるか楽しみです。

おわり

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
  住まいの塗装 あおば塗工舎
【ホームページ】 http://www.aoba-tokosya.com/
【フリーダイヤル】 0120-970-929
【FAX】 011-206-6110
【E-Mail】 info@aoba-tokosya.com
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●






















posted by mjoy at 23:47| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月03日

札幌・江別で外壁塗装 クリア塗装をしました。

こんにちは、宮本です。
今日は先日完成したばかりの、ハイブリットクリアー塗装についてご紹介します。

0.gif

平成15年建築の住宅です。一見すると、とても綺麗です。塗装が必要には見えませんね。

1.gif

ところが、近づいて見てみると、タイル模様の角がかなり損傷しています。

2.gif

そして、コーキング。スポンジ化していますね。

3.gif

近年の外壁サイディングボードは意匠性が増して複数色の色使いが施されています。
その意匠性は塗装では表現できません。そこで誕生したのが、意匠性をそのままに外壁を
若返らせることができるクリアー塗装です。
しかし、クリアー塗装は劣化した外壁に施工した場合、劣化した色合いのまま保存されて
しまいます。
とはいっても、今回は施主様の希望を可能な限り叶えたいと思います。

4.gif

特に北側の窓上は損傷が激しかったです。
タイル模様3色に加え目地色と負わせて4色の色使いです。
模様色を再現する前に、パテを使って損傷した形状を肉盛りしました。

5.gif

肉盛りした形状をサンドペーパーで削り、整えてから模様色を一枚一枚塗りました。
なんとか模様を再現できました。
このような個所が14箇所ありました。

6.gif

クリヤー塗装はピカピカの全ツヤ仕上げの他に、3分ツヤ塗装があります。
今回は3分で仕上げました。

7.gif

施主様にはとても気に入っていただけてよかったです。

終わり

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
  住まいの塗装 あおば塗工舎
【ホームページ】 http://www.aoba-tokosya.com/
【フリーダイヤル】 0120-970-929
【FAX】 011-206-6110
【E-Mail】 info@aoba-tokosya.com
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

















posted by mjoy at 03:00| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月23日

倒産します。

こんにちは、宮本です。

今シーズンの作業は4月7日から始めました。
現在ご予約いただいているお客様にはおおよその工事日程をお伝えいたしましたが、今のところ大きな変更はありません。着手までいましばらくお待ちください。

シーズンの始まりを迎える段階では、たくさんのお客様からご予約をいただいておりましたので、経営的な心配をすることがないだけでも本当に幸せなことだなと感謝申しあげます。

そして今現在も、これまたたくさんのお客様にあらたにご相談・ご検討をいただいております。できればご相談くださったすべてのお客様にご用命いただけるといいなと思います。

1.gif

どんな企業も、お客様に支持されて存続するわけですから、当店もご用命くださったお客様によって生かされているわけです。ご相談をくださるお客様、ご用命くださるお客様がいないと倒産します。
企業は常に倒産の可能性をかかえながら、存続するために様々工夫と努力をしますよね。
どんなに繁盛している会社も、お客様が倒産の危機を救ってくださっているのだと思います。

いつもそう思っていますが、特にシーズンが始まる時、強くそのように思うのです。

ご縁があってご用命くださったお客様には、必ずご満足いただけるような対応と施工をいたします。

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
  住まいの塗装 あおば塗工舎
【ホームページ】 http://www.aoba-tokosya.com/
【フリーダイヤル】 0120-970-929
【FAX】 011-206-6110
【E-Mail】 info@aoba-tokosya.com
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●



posted by mjoy at 21:46| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月12日

木の城たいせつ(耐雪ハウス)の塗装工事

こんにちは、宮本です。
今日の施工事例のご紹介は当店で塗装工事のご相談・実績の多いハウスメーカーのひとつ、「木の城たいせつ」です。

1.gif

現状外壁は金属系サイディングに砂状の模様が吹きつけられています。
おそらく建築した当初からそのままの状態ではないかと思われますが、中古住宅として購入した施主様に今回塗装工事のご用命をいただきました。
いくつかの業者と比較検討して当店にご用命くださったことは、とても嬉しかったです。

2.gif

施工する項目は外壁のほかに、玄関とベランダに設置されている鉄製の手すり、屋根の塗装も施工します。
そして、ご相談の中でイメージを一新したいとのご要望もいただきました。
しかし、施主様ご自身も具体的な色のイメージはお持ちではありませんでした。
これは、多くの施主様が同様です。
中には希望の色を決めておられる施主様もいらっしゃいますが、ごく稀です。
完成時の満足度をはかるものとして、丁寧な施工はもちろんですが、どんな色に仕上がったかというのも大切な要素です。
ですから、施主様が色を決めるためのアドバイスやご提案にはじっくり時間をかけてお付き合いしております。

3.gif

そこでこのように、いくつかのシミュレーション画像を作成しメールでやりとりしながら、少しずつ施主様のご希望イメージを探っていきました。「イメージを一新したい」=「濃い色、派手な色」というありきたりな提案からまずは始めて、さらにまたいくつかのシミュレーションを作成していくなかで、淡い色、周囲との調和などのご希望が出てきました。

4.gif

そこで作成し、ご提案したのがこの画像です。
この、案が採用になりました。
おとなしい感じですが、わずかに見える屋根の縁が赤味の強いオレンジで、これがアクセントになっています。

5.gif

施工が始まりました。
いつもどの現場でもそうですが、しっかりとした、手抜きのない施工には絶対の自信があります。
しかし、ご提案、採用になった色が最終的にご満足いただけるのかは私自身も不安です。

6.gif

最初に着手したことは、画像にはないですが、外壁全体の手作業によるケレンです。
わかりやすく言えば外壁の表面を研ぐ作業です。
木の城たいせつの外壁は表面が砂状になっており、経年劣化によりもろくなっています。
また、砂状の突起部がせっかく塗った新しい塗膜を突き破る、または突き破る手前の膜厚不足な状態になることを避けるために、外壁面をこするようにして研いだ後に高圧洗浄する必要があります。
そして、次に画像のようなコーキング打ち替えとなります。

7.gif

全てのコーキングを撤去して、そのうえで新しいコーキングに打ち替えます。

8.gif

当ブログでも何度もお伝えしていますが、コーキングを打ち替える場合、古いコーキングは可能な限り撤去してもらってください。
撤去が不可能な箇所は、半撤去して、撤去しきれず残ったコーキングに新しいコーキングを被せることになりますが、その場合の事前塗布プライマーは新しいコーキングを溶着させるタイプのものにしてもらってください。
根気のいる作業ですが、これは絶対に必要です。

9.gif

次に下塗りです。
金属系のサイディングですので、下塗りにはエポキシ系の錆止めを塗りました。
まずは、ローラーでは塗りきれない部分を刷毛で塗り込みます。

10.gif

このように、細長く塗ったあとがわかりますね。

11.gif

ローラーでは塗料が入らない部分やローラーでは作業効率が悪くなる部分をこのように刷毛で塗ります。

12.gif

次にローラーで全体を塗ります。

13.gif

ローラーを使って塗る時も、塗り残し箇所を刷毛で補いながら作業を進めていきます。

14.gif

下塗りが終わりました。塗り残しがないか、再度点検して中塗り、上塗りと作業をしていきます。

15.gif

屋根は外壁同様、手作業によるケレン(表面の研ぎ)をして、下塗りに錆止めを塗ります。
仕上げの色は赤みの強いオレンジなので、錆止めの色も赤サビ色に白とグレーを混ぜて調色して塗りました。

16.gif

木の城たいせつの住宅はコーナーや横帯パーツがありますので、その部分は色替えしました。

17.gif

外壁、コーナーパーツ、横帯パーツなど全ての箇所を錆止め塗布後2回塗りで施工しました。

18.gif

グレー系と白の組み合わせですが、意外としっかり色の違いが出てシャープな感じになりました。

19.gif

塗料はツヤの加減を全ツヤ、半ツヤ、ツヤ無しなど選択できます。
全ツヤが一番耐久性がありますが、あまりピカピカ光っているのは好みではないのでしたら、半ツヤをお勧めします。
この画像は全ツヤです。施主様は耐久性を重要視して全ツヤを選択されました。

20.gif

完成です。
ご相談いただいたのは春の早い時期でしたが、ご予約のお客様を順番に施工しましたので、こちらの塗装工事が完成したのは7月の下旬でした。
季節がら、木が茂っていて全体が見えにくいですね。

21.gif

冬の状態も撮影しましたのでご覧ください。

22.gif

鉄製の手すりも綺麗になりました。

23.gif

残念ながら、施工前の画像がありませんが、灯油タンクも見違えるように綺麗になりました。

24.gif

塗装工事にあわせて足場があるうちに、この古いアンテナを交換してほしいとのご要望でしたので交換しました。

25.gif

新しいアンテナは小さくて高性能?のようです。
(TVアンテナのことは詳しくありません。)

26.gif

玄関ドアも新しい外壁の色に合わせて塗り替えました。

27.gif

ご覧のとおりすっかり変わりましたね。

当店では様々なハウスメーカーの住宅の塗装実績があります。
土屋ホーム、土屋ツーバイーホーム、スウェーデンハウス、東日本ハウス、セキスイハイム、アーキビジョン21、ウベハウスなどその他。
ハウスメーカーに頼むのが安心だとお考えでも、一度当店にご相談してみてください。

おわり

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
  住まいの塗装 あおば塗工舎
【ホームページ】 http://www.aoba-tokosya.com/
【フリーダイヤル】 0120-970-929
【FAX】 011-206-6110
【E-Mail】 info@aoba-tokosya.com
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●




















































posted by mjoy at 14:44| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月01日

アーキビジョン21の塗装工事

こんにちは、宮本です。
アーキビジョン21というハウスメーカーをご存知ですか?
当店でもよくご縁があって、塗り替え工事実績の多い住宅です。

外壁はオーストラリアレンガをレール式工法で施工しています。

1.gif

また、窓は木製サッシに3層ガラスを採用しており、外断熱工法で家全体の断熱性を高めています。

アーキビジョン21の住宅にお住まいの施主様からご用命いただくのは、屋根塗装、窓枠などの木部塗装、軒天井塗装、ドア塗装、木製デッキ塗装などです。

2.gif

現在建築されているアーキビジョン21の施工法になるまでにはいくつかの型を経ているようです。

3.gif

外断熱工法は初期の頃から一貫しているようですが、外壁がレンガではないものも、時々ご縁があります。

4.gif

今日ご紹介するのは、昭和53年に建築されたアーキビジョン21。こちらの住宅です。

1.gif

外壁が全て板張りです。
約10年前に他の業者さんで塗り替えを行っていますが、今回ご縁があって2回目の塗装工事を当店にご用命いただきました。

6.gif

サッシは昭和53年当時も木製を採用していたのですね。
今回は窓周りのコーキングを全て撤去して打ち直しました。
コーキングは10年で寿命になります。上から新しいコーキングを被せる方法を提案する業者も多いようですが、できるだけ撤去して打ち直すようにお願いしてください。

7.gif

下屋(1階と2階の中間にある屋根)の上部分の板張り外壁がかなり劣化しています。
おそらく直射日光と下屋からの照り返しによるストレスが原因です。

劣化している部分を拡大します。

8.gif

表面がスポンジのようになっていて、指で押しただけで穴が空いてしまう程の劣化状態です。
これでは、どんなに塗り重ねても無駄です。劣化している外壁を張り替えることにしました。

しかし、同じ板はもう製造されていません。
デザインの違う板に張り替えると、張り替えた部分だけが目立ってしまい、せっかくの美観を損ねてしまいます。
施主様が保管していた補修用の同じデザインの板と、劣化しているため剥がした板のうち、まだ使用できる部分を切り取ってなんとか必要範囲を張り替えました。

9.gif

完成です。

10.gif

外壁と木製サッシは「サドリンクラッシック」という塗料を2回塗りしました。
もちろん塗る前には全ての個所をサンドペーパーでケレンしました。
屋根はケレンしたあと、下塗り錆止め塗装、上塗り2液形シリコン樹脂塗装です。

これから塗装工事をご検討の方はご相談だけでもどうぞ。
雪があっても見積もりはできます。
ご相談は早目がおすすめです。

おわり

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
  住まいの塗装 あおば塗工舎
【ホームページ】 http://www.aoba-tokosya.com/
【フリーダイヤル】 0120-970-929
【FAX】 011-206-6110
【E-Mail】 info@aoba-tokosya.com
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●






















posted by mjoy at 15:38| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月04日

想いをこめて

こんにちは、宮本です。
新年あけましておめでとうございます。
皆さま、穏やかなお正月をお過ごしでしょうか?

塗装工事のシーズンオフ中は、遅寝遅起きな毎日ですが、今日は早起きをして行ってまいりました。北海道神宮へ。

1.gif

毎年初詣は1月4日に北海道神宮へ行きますが、ここ数年は人混みを避けて早朝に行きます。

2.gif

やはり、人影まばらです。
神社は独特の雰囲気がありますね。
なんというか、ここだけ空気が澄んでいるような。

3.gif

本殿前に進むとすでにお参りに来ている方々が。
お正月はどこの神社も人出が多いのでゆっくり落ち着いてお参りできません。
その点、早朝のお参りはおすすめです。

4.gif

来ていた方々は、少し長めにお参りしている様子でした。
きっと今年叶えたい願い事を想いながらなのでしょう。
私も想いをこめてお参りしました。

5.gif

お参りが終わったあと絵馬に一年の祈願を書き、下げてきました。
本年もよろしくお願い申し上げます。

おわり。


●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
  住まいの塗装 あおば塗工舎
【ホームページ】 http://www.aoba-tokosya.com/
【フリーダイヤル】 0120-970-929
【FAX】 011-206-6110
【E-Mail】 info@aoba-tokosya.com
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●








posted by mjoy at 16:36| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月30日

たくさんのご用命ありがとうございました!

こんにちは、宮本です。

1.gif

今シーズンも、たくさんのお客様にご用命をいただき、ほんとうに感謝申し上げます。

2.gif

少人数による小規模経営に徹しておりますので、後半にご発注いただいたお客様は来シーズンのご予約というかたちになってしまい、申し訳ない気持ちです。

3.gif

それでも来シーズンまで待っていただけるというたくさんのお客様にも大変感謝いたします。

4.gif

職人をもっと増やせば、さらにたくさんのお客様から仕事をお請けできるのですが、そうすると私の目が届かなくなってしまいますので心配です。

5.gif

そうならないために、現在の体制と規模を維持して、数は少なくても堅実な施工をすることがお客様に喜ばれる仕事になると思っております。

6.gif

たくさんの塗装業者のなかから、何社かの業者に見積もりを依頼してご検討の上、当店にご用命いただいたわけですから、やはり私自身が現場での作業を行い、お客様のご要望どおりに仕上げるのが一番間違いないと思っております。

7.gif

たくさんの仕事を請けて、手が回らないときは外注業者に丸投げしてお引き渡しするようなことはできません。

8.gif

塗装工事だけでなくリフォーム全般に言えることですが、見積もりを行う者と施工する者が違うことによって起こるトラブルが非常に多いのです。

9.gif

当店はご相談から始まり、現地調査、見積もり作成、見積もり提出はすべて私が担当し、施工も職人と共に私が行います。
それが当店の特徴です。

10.gif

来シーズンもトラブルのない綺麗な仕上がりでお客様に喜んでいただける仕事をします。

11.gif

皆さま、新年がよい一年になるといいですね。

12.gif

食べすぎ飲みすぎに注意して、穏やかなお正月をおすごしください。

13.gif

2014年もたくさんのお客様と出会えますように。

0.gif

終わり。

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
  住まいの塗装 あおば塗工舎
【ホームページ】 http://www.aoba-tokosya.com/
【フリーダイヤル】 0120-970-929
【FAX】 011-206-6110
【E-Mail】 info@aoba-tokosya.com
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
posted by mjoy at 16:08| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする