2015年07月08日

木の城たいせつ(耐雪ハウス)の対角線側脱却塗装

こんにちは、宮本です。
なぜか多い「木の城たいせつ」の塗り替え工事。今年も何棟かご用命いただいた中の1棟をご紹介します。

1.png

1997年建築の住宅です。施主様はこの住宅のお二人目のオーナー様です。

2.png

ご要望は、耐久性や美観の向上はもちろんですが、「木の城たいせつ」のイメージからできるだけ対角線側に脱却したいとのことです。

3.png

ある程度の希望イメージをお持ちでしたので、何度か打ち合わせを行いながら私がそのイメージを吸収して細部の補強をしていけばよかったので、完成イメージの構築はとてもスムーズでした。

4.png

完成イメージに忠実に塗ることも大切ですが、本来の目的である耐久性の向上もおろそかにはできません。

5.png

木の城たいせつの住宅には非常に多くのコーキング箇所があります。

6.png

そのコーキングを1つひとつというか、1本いっぽんを丁寧に撤去して、新たに打ち替える作業に時間を費やしました。また、木の城たいせつ特有の外壁リシン模様の砂。これを除去する作業も重要です。

7.png

あまり目につかない場所、なかなか気づかない場所の補修や塗り込みはどの住宅であっても丁寧に施工します。

8.png

換気フードの周囲もきっちり丸くコーキングを打ち替えるこだわりは全ての職人に浸透しています。

9.png

だんだんと完成に近づいてきました。塗料は時にツヤ有を、時に半ツヤや3分ツヤをおすすめします。
今回は濃い色の部分を考慮して半ツヤ仕上げを提案しました。

10.png

完成です。クールな感じでなかなかいいですね。
「白」の部分は白ではなく、やや黄色も混じった白です。そして「黒」の部分は黒ではなく、黒に近いグレーです。

11.png

見る角度によって重量感が違って見えますね。

12.png

化粧枠の「白」がとてもいいアクセントになっています。

13.png

ガレージシャッターも「黒」く塗りました。

14.png

そして灯油タンクも。

15.png

玄関ドアは施主様の希望で、木目を塗りつぶした感じで仕上げてほしいとのことです。

16.png

このような仕上げにしました。玄関ドアも半ツヤ仕上げです。

ご要望どおりに「木の城たいせつ」の対角線側に脱却できたイメージに仕上がったと思いますがいかがでしょうか?
施主様にはとても気に入っていただきました。

おわり

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
  住まいの塗装 あおば塗工舎
【ホームページ】 http://www.aoba-tokosya.com/
【フリーダイヤル】 0120-970-929
【FAX】 011-206-6110
【E-Mail】 info@aoba-tokosya.com
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●



posted by mjoy at 23:09| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック