2017年01月28日

おもしろくないお話しです。

こんにちは、宮本です。
本日は塗料のお話をちょっとだけ。

専門家(自分を専門家と表現するのは気恥ずかしいですが、この際ご容赦を)がブログで専門用語を使いながら専門的なお話をしてもおもしろくないと思いますが、興味のある方は読んでみてください。

外壁や屋根を塗り替えするのにどんな塗料がいいのか?
多くの塗装屋さんのホームページを見ると、シリコン樹脂塗料が推奨されているケースが多いです。
さらにその上級の塗料としてフッ素樹脂を推奨しているケースもあります。
中には耐久性比較表を自作で掲載しているのも見かけます。
例として、「アクリル5年・ウレタン8年・シリコン10年・フッ素20年」など。

「ウレタン」といっても水性1液のものもあれば、弱溶剤1液、弱溶剤2液、その他にも多くの種類があり、「シリコン」にも同様に様々な種類の塗料があります。
にもかかわらず、「ウレタン」の耐久性ををひとくくりに8年と表現できる適当さには微かな怒りが湧きますが(笑)

当店に塗り替えのご相談をいただいた施主様に私が提案するのは、次回の塗り替えまでに10年は塗膜が維持できるように下地調整と下塗り材、仕上げの上塗り(中塗りと上塗りの2回塗り)の材料を提案いたします。
ウレタンだから8年ではなく、ウレタンを提案する場合でも、10年塗膜が維持できるように一連の工程と使用材料を選定して提案します。
また、施主様から塗料の種類を指定してご要望される場合もありますので、そのご要望に応える形で施工する場合もあります。

塗料は@樹脂とA顔料とB添加剤の概ね3つで構成されています。
一般的に「ウレタン」とか「シリコン」という場合、塗料の構成要素の@樹脂にあたる部分を指します。
Aの顔料は「色」を出すための構成要素。
そして、B添加剤は様々あって書ききれないのと私自身も詳しく説明できるだけの知識がまだないのですが、例えば乾燥促進剤や増粘剤、界面活性剤などもあります。添加剤は複数の物が塗料の施工性や耐久性を支えるために使用(混入)されています。

「ウレタン」と「シリコン」は何が違うのか。
すごく簡単に言うと、樹脂を構成する分子が「ウレタン」の場合はウレタン結合、「シリコン」の場合はシロキサン結合という違いです。で、ウレタン結合より、シロキサン結合の方が結合エネルギーが大きいということです。ちなみに「フッ素」は炭素フッ素結合(C-F結合)といってあらゆる樹脂の中で最も安定した強固な結合性を持っています。

しかし、では、ウレタンはだめで、シリコンの方がよくて、さらにフッ素の方が良いのか。
耐久性は ウレタン < シリコン < フッ素 で間違いないと思いますが、決してウレタンがだめなのではありません。ウレタンは基本の特徴として柔軟性があり、下地に対する密着が良いという長所があります。
私は外壁の素材によってはシリコンではなくウレタンを強力におススメする場合があるくらいです。
また、シリコン塗料よりも安価であることも無視できません。

シリコンの長所はウレタンより、やや汚れづらいという特徴があるのと、ネット情報に氾濫しているシリコンマジックにより、施主様の心理として「シリコン」で塗ってもらった安心感が得られるというところでしょうか。

先にも書きましたが、ひとくくりに「ウレタン」や「シリコン」「フッ素」というように性能や耐久性を限定的に断言できないですが。

ここでさらに塗料を分類して書き込むと長くなってしまうのでまたにしますが、「アクリル」にも長所があります。
一般にアクリル樹脂塗料は通気性が良いので、住宅の軒天井(屋根のひさしの裏側のスレート板)はアクリル樹脂塗料が向いている場合もあります。

1.png
あおば塗工舎 代表取締役 宮本博史

おわり

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
  住まいの塗装 あおば塗工舎
【ホームページ】 http://www.aoba-tokosya.com/
【フリーダイヤル】 0120-970-929
【FAX】 011-206-6110
【E-Mail】 info@aoba-tokosya.com
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
posted by mjoy at 19:42| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月12日

札幌・江別の外壁塗装店 「 俺は35年・・・<(`^´)> 」

こんにちは、宮本です。

鏡開きも過ぎて、あたまの片隅にあった「お正月気分」は完全に消えました。
私は春から始まる今シーズンの塗装工事について、ご予約いただいたお客様の着手スケジュールの立案をそろそろ開始いたします。

この時期は作業がないので自分の知識を確認し、間違った知識をうのみにしていないかなど、勉強できる大切な時期でもあります。

1.png

塗装職人ばかりではないと思いますが、ベテランの職人には自分の知識や技術に絶対間違いはないと信じ、時に不必要な頑固さで仕事を行う者が多いような気がします。
また、若い職人は知識が乏しいだけでなく、意味も分からず先輩の言いつけで仕事をしている者がいます。

2.png

例えば、外壁塗装で行う下塗り。「シーラー」又は「フィーラー」をなぜ使用するのかその理由を教えてもらわないまま、何年も言われたとおりひたすら塗っている者。
実は若い職人だけではなくベテランにもそのように無知に作業している者は少なくありません。

4.png

これは、仕事を与える立場にある者の責任でもあります。
意味も分からず言われたとおり塗るのと、なぜこの塗料を使うのか理由を理解して塗るのでは仕上がりに違いが出ると私は思っています。

3.png

自分の技術を信じつつも、もっと上手くなりたいと思わなければならないですし、知識の確認や勉強も大切です。
「俺は35年ペンキ屋やってるんだ。」などと自身の経歴を自慢するような職人にはなりたくないですね。

おわり

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
  住まいの塗装 あおば塗工舎
【ホームページ】 http://www.aoba-tokosya.com/
【フリーダイヤル】 0120-970-929
【FAX】 011-206-6110
【E-Mail】 info@aoba-tokosya.com
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
posted by mjoy at 13:59| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月04日

外壁塗装 札幌 江別 下請け丸投げ・中間マージン上乗せ

こんにちは、宮本です。
たくさんの皆様に支えていただき、当店あおば塗工舎も新しい年を迎えることができました。
この感謝の気持ちを常に忘れず、これからも施主様のご希望をかなえ喜んでいただける塗装工事をいたします。
塗装工事にありがちな、下請け丸投げの施工によって施主様の希望とはほど遠い仕上がりになってしまったり、中間マージンの上乗せによって適正価格を大幅に上回る価格を施主様に負担させてしまうようなことがないよう、当店あおば塗工舎は小規模経営に徹し、ハウスメーカーやリフォーム会社などからの依頼は請けず、施主様からの直接のオーダーのみ、当店の職人と私自身が施工するというスタイルを今後も続けてまいります。

17.png

北海道のお正月は比較的穏やかな天候でしたが、昨年暮れの大雪には驚きました。
思い返せば、昨年は随分と早い時期に積雪があり、施工の進行にも苦労しました。
また、8月には台風が次々と北海道にやってきて、大変な被害が出ました。特に十勝、日高、オホーツクの被害は甚大で道路や鉄道が寸断し、農家の方々は大打撃を受けました。
今年は1年をとおして穏やかに過ごせるように願っております。

おわり

平成29年度、塗装工事のご相談を受け付け中です。
雪があっても見積調査は可能です。ご相談だけでもお早めにご用命ください。

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
  住まいの塗装 あおば塗工舎
【ホームページ】 http://www.aoba-tokosya.com/
【フリーダイヤル】 0120-970-929
【FAX】 011-206-6110
【E-Mail】 info@aoba-tokosya.com
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
posted by mjoy at 15:49| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする