2017年02月24日

よかれと思ってやったことが

こんにちは、宮本です。
今日は屋根塗装と並行して行う「ハゼ締め直し」についてのお話しです。

塗装工事を業者に見積もりしてもらうと「うちは屋根のハゼを全て締め直します」と言われることがあるかもしれません。
ハゼとは屋根の長尺板金のレール状につかんでいる、つなぎ目の部分です。
縦葺き式長尺のつなぎ目で約1cmくらい立ち上がっているところです。

その部分を屋根を塗装する際に「締め直しますよ」ということです。
実際にハゼの締め直しは必要なのでしょうか?

私の見解としては必要ありません。それどころか、ハゼの締め直しはおすすめできません。

その見解について詳しく説明します。

まずは新築建築時にハゼを締めるために、下の画像にある1番機と2番機という道具を使用します。

0-1.png

長尺板金を締める前の状態が下の図です。

1.png

1番機で締める直前の実際の画像が下です。

1-2.png

そして、1番機で締めた状態が下の図です。

2.png

1番機で締めた実際の状態が下です。

2-2.png

次に仕上げのハゼ締めを2番機で行った状態が下の図です。

3.png

2番機を使って仕上げのハゼ締めを行った実際の画像が下です。

3-2.png

1番機締めも2番機締めも板金職人が体重を利用して適正な締め具合で行う作業です。
この作業は何度も行う作業ではありません。締め足りないのはもちろんダメですが、締め過ぎも内側に巻き込まれた部分が破損するのでよくないです。

塗装業者が行うハゼの締め直しというのは2番機を使って全体にもう一度締め直すということなのですが、新築後10年、20年と経過し、多少は内側に巻き込まれている部分が錆びているかもしれないところをもう一度体重を利用して締め直すのは危険です。よかれと思ってやったことがかえって悪影響を与えることになります。

では、ハゼが明らかに開いている場合、または新築の際のハゼ締めが不十分な箇所を発見した場合。それでも締め直しはしない方が良いのかというと、そうではありません。その場合は「板金つかみばし」という道具を使ってピンポイントで補修します。
板金つかみばしは下の画像のような道具です。

0-2.png

ハゼだけではなく屋根の軒先端部分のつかみが緩まっている場合もあります。
その場合も「板金つかみばし」を使用して補修します。
下の画像のような作業になります。

4.png

5.png

6.png

「ハゼを全体的に締め直しますよ」と言われたら、その業者の印象がとても良くなりますね。
でも、注意が必要です。
ちなみに、板金業者の多くの方は私と同じ見解です。

私自身も、正しいと思っていることが実は間違っているのではないかといつも疑問を持ちながら確認したり勉強したりです。

おわり

1.png
あおば塗工舎 代表取締役 宮本博史

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
  住まいの塗装 あおば塗工舎
【ホームページ】 http://www.aoba-tokosya.com/
【フリーダイヤル】 0120-970-929
【FAX】 011-206-6110
【E-Mail】 info@aoba-tokosya.com
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●


posted by mjoy at 14:56| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月19日

嘘を言っている

こんにちは、宮本です。

「外壁塗装一括見積」なるサイトについて。
当店にも「外壁塗装一括見積」サイトを運営する会社から、登録業者になりませんか?という勧誘がひっきりなしにあります。

すべてお断りしています。

お断りしている理由。
@紹介した物件が成約になった場合は成約額に対するマージンが必要なため。
Aほとんど(全てといっても過言ではありません)の紹介サイトは、業者とお客様を直接つなげて紹介マージ ンが一切かからないと嘘を言ってるため。

このようなサイトを利用する場合は、必ずもう1社、直接業者を選定して相見積もりをとってください。

おわり

1.png
あおば塗工舎 代表取締役 宮本博史

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
  住まいの塗装 あおば塗工舎
【ホームページ】 http://www.aoba-tokosya.com/
【フリーダイヤル】 0120-970-929
【FAX】 011-206-6110
【E-Mail】 info@aoba-tokosya.com
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

posted by mjoy at 21:08| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月28日

おもしろくないお話しです。

こんにちは、宮本です。
本日は塗料のお話をちょっとだけ。

専門家(自分を専門家と表現するのは気恥ずかしいですが、この際ご容赦を)がブログで専門用語を使いながら専門的なお話をしてもおもしろくないと思いますが、興味のある方は読んでみてください。

外壁や屋根を塗り替えするのにどんな塗料がいいのか?
多くの塗装屋さんのホームページを見ると、シリコン樹脂塗料が推奨されているケースが多いです。
さらにその上級の塗料としてフッ素樹脂を推奨しているケースもあります。
中には耐久性比較表を自作で掲載しているのも見かけます。
例として、「アクリル5年・ウレタン8年・シリコン10年・フッ素20年」など。

「ウレタン」といっても水性1液のものもあれば、弱溶剤1液、弱溶剤2液、その他にも多くの種類があり、「シリコン」にも同様に様々な種類の塗料があります。
にもかかわらず、「ウレタン」の耐久性ををひとくくりに8年と表現できる適当さには微かな怒りが湧きますが(笑)

当店に塗り替えのご相談をいただいた施主様に私が提案するのは、次回の塗り替えまでに10年は塗膜が維持できるように下地調整と下塗り材、仕上げの上塗り(中塗りと上塗りの2回塗り)の材料を提案いたします。
ウレタンだから8年ではなく、ウレタンを提案する場合でも、10年塗膜が維持できるように一連の工程と使用材料を選定して提案します。
また、施主様から塗料の種類を指定してご要望される場合もありますので、そのご要望に応える形で施工する場合もあります。

塗料は@樹脂とA顔料とB添加剤の概ね3つで構成されています。
一般的に「ウレタン」とか「シリコン」という場合、塗料の構成要素の@樹脂にあたる部分を指します。
Aの顔料は「色」を出すための構成要素。
そして、B添加剤は様々あって書ききれないのと私自身も詳しく説明できるだけの知識がまだないのですが、例えば乾燥促進剤や増粘剤、界面活性剤などもあります。添加剤は複数の物が塗料の施工性や耐久性を支えるために使用(混入)されています。

「ウレタン」と「シリコン」は何が違うのか。
すごく簡単に言うと、樹脂を構成する分子が「ウレタン」の場合はウレタン結合、「シリコン」の場合はシロキサン結合という違いです。で、ウレタン結合より、シロキサン結合の方が結合エネルギーが大きいということです。ちなみに「フッ素」は炭素フッ素結合(C-F結合)といってあらゆる樹脂の中で最も安定した強固な結合性を持っています。

しかし、では、ウレタンはだめで、シリコンの方がよくて、さらにフッ素の方が良いのか。
耐久性は ウレタン < シリコン < フッ素 で間違いないと思いますが、決してウレタンがだめなのではありません。ウレタンは基本の特徴として柔軟性があり、下地に対する密着が良いという長所があります。
私は外壁の素材によってはシリコンではなくウレタンを強力におススメする場合があるくらいです。
また、シリコン塗料よりも安価であることも無視できません。

シリコンの長所はウレタンより、やや汚れづらいという特徴があるのと、ネット情報に氾濫しているシリコンマジックにより、施主様の心理として「シリコン」で塗ってもらった安心感が得られるというところでしょうか。

先にも書きましたが、ひとくくりに「ウレタン」や「シリコン」「フッ素」というように性能や耐久性を限定的に断言できないですが。

ここでさらに塗料を分類して書き込むと長くなってしまうのでまたにしますが、「アクリル」にも長所があります。
一般にアクリル樹脂塗料は通気性が良いので、住宅の軒天井(屋根のひさしの裏側のスレート板)はアクリル樹脂塗料が向いている場合もあります。

1.png
あおば塗工舎 代表取締役 宮本博史

おわり

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
  住まいの塗装 あおば塗工舎
【ホームページ】 http://www.aoba-tokosya.com/
【フリーダイヤル】 0120-970-929
【FAX】 011-206-6110
【E-Mail】 info@aoba-tokosya.com
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
posted by mjoy at 19:42| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月12日

札幌・江別の外壁塗装店 「 俺は35年・・・<(`^´)> 」

こんにちは、宮本です。

鏡開きも過ぎて、あたまの片隅にあった「お正月気分」は完全に消えました。
私は春から始まる今シーズンの塗装工事について、ご予約いただいたお客様の着手スケジュールの立案をそろそろ開始いたします。

この時期は作業がないので自分の知識を確認し、間違った知識をうのみにしていないかなど、勉強できる大切な時期でもあります。

1.png

塗装職人ばかりではないと思いますが、ベテランの職人には自分の知識や技術に絶対間違いはないと信じ、時に不必要な頑固さで仕事を行う者が多いような気がします。
また、若い職人は知識が乏しいだけでなく、意味も分からず先輩の言いつけで仕事をしている者がいます。

2.png

例えば、外壁塗装で行う下塗り。「シーラー」又は「フィーラー」をなぜ使用するのかその理由を教えてもらわないまま、何年も言われたとおりひたすら塗っている者。
実は若い職人だけではなくベテランにもそのように無知に作業している者は少なくありません。

4.png

これは、仕事を与える立場にある者の責任でもあります。
意味も分からず言われたとおり塗るのと、なぜこの塗料を使うのか理由を理解して塗るのでは仕上がりに違いが出ると私は思っています。

3.png

自分の技術を信じつつも、もっと上手くなりたいと思わなければならないですし、知識の確認や勉強も大切です。
「俺は35年ペンキ屋やってるんだ。」などと自身の経歴を自慢するような職人にはなりたくないですね。

おわり

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
  住まいの塗装 あおば塗工舎
【ホームページ】 http://www.aoba-tokosya.com/
【フリーダイヤル】 0120-970-929
【FAX】 011-206-6110
【E-Mail】 info@aoba-tokosya.com
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
posted by mjoy at 13:59| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月04日

外壁塗装 札幌 江別 下請け丸投げ・中間マージン上乗せ

こんにちは、宮本です。
たくさんの皆様に支えていただき、当店あおば塗工舎も新しい年を迎えることができました。
この感謝の気持ちを常に忘れず、これからも施主様のご希望をかなえ喜んでいただける塗装工事をいたします。
塗装工事にありがちな、下請け丸投げの施工によって施主様の希望とはほど遠い仕上がりになってしまったり、中間マージンの上乗せによって適正価格を大幅に上回る価格を施主様に負担させてしまうようなことがないよう、当店あおば塗工舎は小規模経営に徹し、ハウスメーカーやリフォーム会社などからの依頼は請けず、施主様からの直接のオーダーのみ、当店の職人と私自身が施工するというスタイルを今後も続けてまいります。

17.png

北海道のお正月は比較的穏やかな天候でしたが、昨年暮れの大雪には驚きました。
思い返せば、昨年は随分と早い時期に積雪があり、施工の進行にも苦労しました。
また、8月には台風が次々と北海道にやってきて、大変な被害が出ました。特に十勝、日高、オホーツクの被害は甚大で道路や鉄道が寸断し、農家の方々は大打撃を受けました。
今年は1年をとおして穏やかに過ごせるように願っております。

おわり

平成29年度、塗装工事のご相談を受け付け中です。
雪があっても見積調査は可能です。ご相談だけでもお早めにご用命ください。

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
  住まいの塗装 あおば塗工舎
【ホームページ】 http://www.aoba-tokosya.com/
【フリーダイヤル】 0120-970-929
【FAX】 011-206-6110
【E-Mail】 info@aoba-tokosya.com
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
posted by mjoy at 15:49| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月18日

札幌・江別の外壁塗装店 あおば塗工舎が認定施工店に

こんにちは、宮本です。

11月24日に当店はダイヤカレイドビジューの認定施工店に登録されました。

4.png

ダイヤカレイドビジューとはダイヤカレイドにメタリック系のカラーフレイクを混入して施工する塗材です。では、ダイヤカレイドとは...

3.png

ご覧のような意匠性のある模様を吹き付けて塗装する塗材です。
その塗材にメタリック系カラーフレイクを混入して施工すると...

1.png

2.png

このような感じになります。

ダイヤカレイドは従来の単色塗料にはない立体感と深みで重厚感と高級感があります。
また、塗膜に耐候性があるばかりでなく、低汚染機能も備えているので排気ガスや粉塵が付着しても流れ落ちやすいという特性もあります。

建物全体に施工するのではなく、外壁の一部にアクセントとしての施工を考えても綺麗ですね。

おわり

平成29年春〜夏の塗装工事についてご相談、ご予約を受け付け中です。
雪が積もっていても見積調査はできますので、ご相談だけでもお早めにお待ちしております。
posted by mjoy at 20:48| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月15日

フッ素で外壁と屋根を塗装しました!

こんにちは、宮本です。
今年は湿度が高く気温以上に暑く感じる日が続きましたね。
しかし、暦の上では立秋が過ぎ、秋の気配も・・・などと思うと気ぜわしくなります。
現在塗装工事のご予約をいただいているお客様、工事は順調に進んでおります。
お知らせしている時期に着手できる予定ですのでお待ちくださいませ。

先日、フッ素で外壁と屋根を塗装しましたので、ご紹介いたします。

1.png

築35年の木造住宅。窯業系サイディングボードの外壁。今回が3回目の塗装工事とのことです。
前回、前々回は他社で塗装しましたが、3回目の今回は当店にご用命いただきました。

ご相談をいただき、最初の当店からのご提案は外壁・屋根ともシリコンでした。
施主様から耐用年数の質問を受けましたので「10年です!」と自信を持ってお答えしたところ、「もっと長い、例えば20年くらいの耐用年数がある塗料はないですか?」と。
そのご要望にご提案できる塗料に、フッ素があります。
しかし、当店ホームページ「塗料のお話--フッ素について」(http://www.aoba-tokosya.com/paint/
でも説明しておりますが、フッ素には魅力的な長所がたくさんありますが、施工費が高めであるという短所があります。よって、当店での施工実績もあまりなく、私自身もお客様に強くお勧めできるだけの施工実績がないのです。
施主様に提出したフッ素の見積金額は、最初のシリコン塗装の1.4倍です。
施主様は「価格が1.4倍で耐用年数が2倍ならフッ素でお願いしたい。」とのご用命です。
当店も少ない実績のフッ素を体験施工できるのでありがたかったです。

2.png

施工前の屋根です。前回塗装から約10年とのことですが、錆による浸食が進んでいますので、下地調整をがっちりやらないと、せっかくフッ素を塗ってもフッ素の長所が発揮されませんね。

3.png

北側外壁も内部からの結露で相当傷んでいました。この部分は外壁ボードを交換します。もちろん交換してフッ素を塗ったただけで外部からのストレスを強力にガードしてくれますが、内部結露の影響を受けてまた損傷しますので、内部結露対策をしっかり行ったうえでボードを交換します。

4.png

施工が始まりました。外壁ボードや窓回りのコーキング補修、外壁補修箇所の模様復元など塗装工事は塗り始める前の作業に多くの時間が必要です。

5.png

完成です。外壁の色、屋根の色、施主様はとても迷って決めた色。とても気に入っていただきました。

6.png

錆で浸食された屋根もパテでしっかり補修して塗りましたので。安心です。

7.png

外壁も交換して結露対策も行いました。あれだけ傷んでいたのにすっかり綺麗になりましたね。
全く同じ模様の外壁材はすでに製造されていなかったので、ある程度模様を施工によって復元しました。

8.png

屋根はピカピカになりました。

9.png

外壁もピカピカです。

施主様、今後とも末永くよろしくお願い申し上げます。

おわり。

今シーズンの施工はご予約のお客様でいっぱいとなりました。
早くからたくさんの皆様にご用命いただき、本当に幸せです。
今後塗装工事をご検討の皆様、来シーズンのご予約として是非ご相談ください。
よろしくお願い申し上げます。


●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
  住まいの塗装 あおば塗工舎
【ホームページ】 http://www.aoba-tokosya.com/
【フリーダイヤル】 0120-970-929
【FAX】 011-206-6110
【E-Mail】 info@aoba-tokosya.com
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
posted by mjoy at 15:26| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月23日

腹が立ちました。

こんにちは、宮本です。

昨年施工した物件からご紹介します。

0.png

築20年の土屋ホームで建築した住宅です。
施主様は築10年目で1度塗装を行っていますので、今回が2回目の塗装工事です。
前回の塗装は当店ではありませんが、今回ご縁があってご用命いただきました。

ご要望は、屋根・外壁の全塗装とコーキングの打ち替え、外壁損傷部の改修です。
前回の塗装工事で、玄関周りのタイル調デザインボードを1色で塗られてしまい、ちょっとがっかりしてしまったとのことです。今回の塗装で新築時の模様を再現したいとのリクエストもいただきました。

1.png

そして、色については極端に現在と変えたくないとのことですが、現在よりもう少々くすんだ感じのイメージにしたいとのご要望もいただきました。

2.png

まずは、タイル調デザインボードの損傷を改修していきます。
この損傷の原因は外部からの影響によるものではなく、ボード裏面からの影響ではないかと判断しました。
損傷を改修するだけではなく、原因も解消しなければすぐにまた傷んでしまいます。

3.png

おそらく、屋根の板金部になんらかの不具合があり、そこから侵入した水がボードの裏側を傷めて外部に影響が出たものと思いましたので、調査したところ、やはりそうでした。

4.png

原因となる不具合を解消しましたので、外壁損傷部を改修する作業に移ります。
剥離しかかっている下地をすべて落とし、表面を滑らかにに整えました。

5.png

それから損傷部の形状復元を行います。パテで一度粗く肉盛りして、乾燥させてからペーパーで研ぎながら凸部凹部を再現させます。

6.png

下塗りを2回、中塗りを2回、上塗り1回。合計5回塗りで仕上げる予定です。

7.png

また、強制換気フード回りの外壁損傷もあります。

8.png

その部分は外壁をそっくり交換することにしました。
この損傷は外壁ボードの裏面結露が原因です。

9.png

裏面結露は原因を解消できないので、結露が発生してもボードが損傷しないように新しいボードを加工して施工しました。

k1.png

完成です。

k2.png

玄関回りのデザインボードは損傷部をきれいに改修し、2色塗装でタイル調模様も復元させました。

k3.png

玄関回りのデザインボードがタイル調に復元されると美観がぐっと上がりましたね。

k4.png

そもそも、なぜせっかくのタイル調模様を施主様に説明もなしに1色で塗ってしまうのか、施工中そんなこと考えながら作業をしているうちに前回の塗装業者のいい加減さにだんだん腹が立ちました。

k5.png

色もご要望いただいたイメージにピッタリと合い、とても気に入っていただけました。
10年後の塗り替えも是非当店にご用命いただけると嬉しいです。

おわり

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
  住まいの塗装 あおば塗工舎
【ホームページ】 http://www.aoba-tokosya.com/
【フリーダイヤル】 0120-970-929
【FAX】 011-206-6110
【E-Mail】 info@aoba-tokosya.com
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
posted by mjoy at 18:13| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月04日

31回目

こんにちは、宮本です。
謹んで新春のお慶びを申し上げます。

毎年新年の初詣に北海道神宮へお参りに行っております。
1985年から毎年欠かさず、今年のお参りが31回目になります。
その間、大きな怪我や病気もなく、元気に過ごしているのはご利益の賜物かと思うとお参りを欠かすことがますますできないなと思います。

1.png

地下鉄東西線 円山公園駅から徒歩で約15分くらいでしょうか。

2.png

神殿へ向かうまでの道、「無」の空気感がとても清々しく大好きです。
やや猫背な私ですがこの空気を吸い込みながら自然と背筋も伸び、今年も無事故を願いながらの道のりです。

3.png

手水舎で左手、右手を清め、左手に湛えた水で口元を清め、神殿にお参りに向かいます

4.png

あの門をくぐると神殿ですね。

5.png

8時頃でしたが、まだ参拝者は少なかったです。
今日は仕事はじめの企業も多いかと思いますので、このあとの時間にさらに参拝者が増えるでしょう。

6.png

願掛け、少し欲張りました。
でも、きっと今年もご利益をいただけると思います。

おわり
posted by mjoy at 17:31| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月31日

クレームまみれ

こんにちは、宮本です。
今年もたくさんの皆様に塗装工事をご用命いただき、ありがとうございました。

1-1.png

今年最初に着手した工事を思い浮かべると、施工したのがもうすでに2〜3年前だったように錯覚するほどその後たくさんのご用命をいただきました。

1-2.png

いつもの年であれば、お盆前にお請けした工事は年内に完成できるのですが、今年は7月中旬で年内施工のご予約がいっぱいになりました。

2-1.png

とても嬉しいことであり、お客様には感謝でいっぱいです。また、来シーズンの施工でもご予約という形で待ってくだるお客様も本当に感謝いたします。

2-2.png

当店は小規模経営に徹しておりますので、1シーズンに施工できる数に限界があります。

3.png

職人の人数を増やしたり、外部の応援を増やしたりするともっとできるのですが、品質を重視するとやはり今の態勢がベストではないかと考えています。

6.png

塗装工事は現地調査から始まり、見積もり提案、施工、引き渡し、アフターメンテナンスが大きな項目としてありますが、当店は全てを私自身が担当して約束の行き違いを防ぐようにしています。

4.png

塗装工事だけでなくリフォーム工事全般に言えることですが、営業と施工が分離されていることがお客様満足度を低下させる一番の要因です。

8.png

この業界によくあることですが「クレームまみれ」の中で仕事をしていると、仕事に誇りを持てなくなり、クレームにも麻痺してしまいます。

5.png

この仕事が好きなので、すべてのお客様に満足していただきたいと常に考え、そのためにどのような態勢が望ましいのかを考え、すべてを私自身が担当するようにしているのです。

10.png

そして、施工技術や施工知識、塗料の知識も職人共々現状にとどまらず向上していかなければならないと思います。

7.png

来年もお客様に喜んでいただける品質と仕上がりでお引き渡しできるよう施工いたします。

9.png

今シーズン施工した塗装工事の中からいくつかを画像で紹介しながら、ちょっとだけ思いを述べてみました。

皆様、よいお年をお迎えくださいませ。

11.png

おわり

posted by mjoy at 23:10| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする