2016年08月15日

フッ素で外壁と屋根を塗装しました!

こんにちは、宮本です。
今年は湿度が高く気温以上に暑く感じる日が続きましたね。
しかし、暦の上では立秋が過ぎ、秋の気配も・・・などと思うと気ぜわしくなります。
現在塗装工事のご予約をいただいているお客様、工事は順調に進んでおります。
お知らせしている時期に着手できる予定ですのでお待ちくださいませ。

先日、フッ素で外壁と屋根を塗装しましたので、ご紹介いたします。

1.png

築35年の木造住宅。窯業系サイディングボードの外壁。今回が3回目の塗装工事とのことです。
前回、前々回は他社で塗装しましたが、3回目の今回は当店にご用命いただきました。

ご相談をいただき、最初の当店からのご提案は外壁・屋根ともシリコンでした。
施主様から耐用年数の質問を受けましたので「10年です!」と自信を持ってお答えしたところ、「もっと長い、例えば20年くらいの耐用年数がある塗料はないですか?」と。
そのご要望にご提案できる塗料に、フッ素があります。
しかし、当店ホームページ「塗料のお話--フッ素について」(http://www.aoba-tokosya.com/paint/
でも説明しておりますが、フッ素には魅力的な長所がたくさんありますが、施工費が高めであるという短所があります。よって、当店での施工実績もあまりなく、私自身もお客様に強くお勧めできるだけの施工実績がないのです。
施主様に提出したフッ素の見積金額は、最初のシリコン塗装の1.4倍です。
施主様は「価格が1.4倍で耐用年数が2倍ならフッ素でお願いしたい。」とのご用命です。
当店も少ない実績のフッ素を体験施工できるのでありがたかったです。

2.png

施工前の屋根です。前回塗装から約10年とのことですが、錆による浸食が進んでいますので、下地調整をがっちりやらないと、せっかくフッ素を塗ってもフッ素の長所が発揮されませんね。

3.png

北側外壁も内部からの結露で相当傷んでいました。この部分は外壁ボードを交換します。もちろん交換してフッ素を塗ったただけで外部からのストレスを強力にガードしてくれますが、内部結露の影響を受けてまた損傷しますので、内部結露対策をしっかり行ったうえでボードを交換します。

4.png

施工が始まりました。外壁ボードや窓回りのコーキング補修、外壁補修箇所の模様復元など塗装工事は塗り始める前の作業に多くの時間が必要です。

5.png

完成です。外壁の色、屋根の色、施主様はとても迷って決めた色。とても気に入っていただきました。

6.png

錆で浸食された屋根もパテでしっかり補修して塗りましたので。安心です。

7.png

外壁も交換して結露対策も行いました。あれだけ傷んでいたのにすっかり綺麗になりましたね。
全く同じ模様の外壁材はすでに製造されていなかったので、ある程度模様を施工によって復元しました。

8.png

屋根はピカピカになりました。

9.png

外壁もピカピカです。

施主様、今後とも末永くよろしくお願い申し上げます。

おわり。

今シーズンの施工はご予約のお客様でいっぱいとなりました。
早くからたくさんの皆様にご用命いただき、本当に幸せです。
今後塗装工事をご検討の皆様、来シーズンのご予約として是非ご相談ください。
よろしくお願い申し上げます。


●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
  住まいの塗装 あおば塗工舎
【ホームページ】 http://www.aoba-tokosya.com/
【フリーダイヤル】 0120-970-929
【FAX】 011-206-6110
【E-Mail】 info@aoba-tokosya.com
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
posted by mjoy at 15:26| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月23日

腹が立ちました。

こんにちは、宮本です。

昨年施工した物件からご紹介します。

0.png

築20年の土屋ホームで建築した住宅です。
施主様は築10年目で1度塗装を行っていますので、今回が2回目の塗装工事です。
前回の塗装は当店ではありませんが、今回ご縁があってご用命いただきました。

ご要望は、屋根・外壁の全塗装とコーキングの打ち替え、外壁損傷部の改修です。
前回の塗装工事で、玄関周りのタイル調デザインボードを1色で塗られてしまい、ちょっとがっかりしてしまったとのことです。今回の塗装で新築時の模様を再現したいとのリクエストもいただきました。

1.png

そして、色については極端に現在と変えたくないとのことですが、現在よりもう少々くすんだ感じのイメージにしたいとのご要望もいただきました。

2.png

まずは、タイル調デザインボードの損傷を改修していきます。
この損傷の原因は外部からの影響によるものではなく、ボード裏面からの影響ではないかと判断しました。
損傷を改修するだけではなく、原因も解消しなければすぐにまた傷んでしまいます。

3.png

おそらく、屋根の板金部になんらかの不具合があり、そこから侵入した水がボードの裏側を傷めて外部に影響が出たものと思いましたので、調査したところ、やはりそうでした。

4.png

原因となる不具合を解消しましたので、外壁損傷部を改修する作業に移ります。
剥離しかかっている下地をすべて落とし、表面を滑らかにに整えました。

5.png

それから損傷部の形状復元を行います。パテで一度粗く肉盛りして、乾燥させてからペーパーで研ぎながら凸部凹部を再現させます。

6.png

下塗りを2回、中塗りを2回、上塗り1回。合計5回塗りで仕上げる予定です。

7.png

また、強制換気フード回りの外壁損傷もあります。

8.png

その部分は外壁をそっくり交換することにしました。
この損傷は外壁ボードの裏面結露が原因です。

9.png

裏面結露は原因を解消できないので、結露が発生してもボードが損傷しないように新しいボードを加工して施工しました。

k1.png

完成です。

k2.png

玄関回りのデザインボードは損傷部をきれいに改修し、2色塗装でタイル調模様も復元させました。

k3.png

玄関回りのデザインボードがタイル調に復元されると美観がぐっと上がりましたね。

k4.png

そもそも、なぜせっかくのタイル調模様を施主様に説明もなしに1色で塗ってしまうのか、施工中そんなこと考えながら作業をしているうちに前回の塗装業者のいい加減さにだんだん腹が立ちました。

k5.png

色もご要望いただいたイメージにピッタリと合い、とても気に入っていただけました。
10年後の塗り替えも是非当店にご用命いただけると嬉しいです。

おわり

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
  住まいの塗装 あおば塗工舎
【ホームページ】 http://www.aoba-tokosya.com/
【フリーダイヤル】 0120-970-929
【FAX】 011-206-6110
【E-Mail】 info@aoba-tokosya.com
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
posted by mjoy at 18:13| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月04日

31回目

こんにちは、宮本です。
謹んで新春のお慶びを申し上げます。

毎年新年の初詣に北海道神宮へお参りに行っております。
1985年から毎年欠かさず、今年のお参りが31回目になります。
その間、大きな怪我や病気もなく、元気に過ごしているのはご利益の賜物かと思うとお参りを欠かすことがますますできないなと思います。

1.png

地下鉄東西線 円山公園駅から徒歩で約15分くらいでしょうか。

2.png

神殿へ向かうまでの道、「無」の空気感がとても清々しく大好きです。
やや猫背な私ですがこの空気を吸い込みながら自然と背筋も伸び、今年も無事故を願いながらの道のりです。

3.png

手水舎で左手、右手を清め、左手に湛えた水で口元を清め、神殿にお参りに向かいます

4.png

あの門をくぐると神殿ですね。

5.png

8時頃でしたが、まだ参拝者は少なかったです。
今日は仕事はじめの企業も多いかと思いますので、このあとの時間にさらに参拝者が増えるでしょう。

6.png

願掛け、少し欲張りました。
でも、きっと今年もご利益をいただけると思います。

おわり
posted by mjoy at 17:31| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月31日

クレームまみれ

こんにちは、宮本です。
今年もたくさんの皆様に塗装工事をご用命いただき、ありがとうございました。

1-1.png

今年最初に着手した工事を思い浮かべると、施工したのがもうすでに2〜3年前だったように錯覚するほどその後たくさんのご用命をいただきました。

1-2.png

いつもの年であれば、お盆前にお請けした工事は年内に完成できるのですが、今年は7月中旬で年内施工のご予約がいっぱいになりました。

2-1.png

とても嬉しいことであり、お客様には感謝でいっぱいです。また、来シーズンの施工でもご予約という形で待ってくだるお客様も本当に感謝いたします。

2-2.png

当店は小規模経営に徹しておりますので、1シーズンに施工できる数に限界があります。

3.png

職人の人数を増やしたり、外部の応援を増やしたりするともっとできるのですが、品質を重視するとやはり今の態勢がベストではないかと考えています。

6.png

塗装工事は現地調査から始まり、見積もり提案、施工、引き渡し、アフターメンテナンスが大きな項目としてありますが、当店は全てを私自身が担当して約束の行き違いを防ぐようにしています。

4.png

塗装工事だけでなくリフォーム工事全般に言えることですが、営業と施工が分離されていることがお客様満足度を低下させる一番の要因です。

8.png

この業界によくあることですが「クレームまみれ」の中で仕事をしていると、仕事に誇りを持てなくなり、クレームにも麻痺してしまいます。

5.png

この仕事が好きなので、すべてのお客様に満足していただきたいと常に考え、そのためにどのような態勢が望ましいのかを考え、すべてを私自身が担当するようにしているのです。

10.png

そして、施工技術や施工知識、塗料の知識も職人共々現状にとどまらず向上していかなければならないと思います。

7.png

来年もお客様に喜んでいただける品質と仕上がりでお引き渡しできるよう施工いたします。

9.png

今シーズン施工した塗装工事の中からいくつかを画像で紹介しながら、ちょっとだけ思いを述べてみました。

皆様、よいお年をお迎えくださいませ。

11.png

おわり

posted by mjoy at 23:10| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月14日

札幌・江別の外壁塗装店 マンションをお洒落に塗り替えリフォームしました

こんにちは、宮本です。

今年の春、マンションの塗り替え工事をしました。
施主様が当店のwebページを検索でご覧になり、直接ご用命いただきました。

1.JPG

札幌市白石区の「フォレストヒルズ南郷」
1985年建築の5階建て賃貸マンションです。

2.JPG

施主様は「お洒落に」とのご要望です。
そこでいくつかの塗り替えシミュレーションを作成し、ご検討いただきました。
施主様が選んだデザインは私が「少し派手かな?」と思いながらも提案した案でした。
施主様の「お洒落に」という言葉の本気度が伝わってきて、私も俄然「お洒落にするぞモード」に火が点きました。

4.JPG

とは言っても、やはり塗り替えリフォームの第一の目的は建物の劣化を止めて寿命を延ばすことです。そこは施主様にとっても最優先です。上の画像のように経年の劣化があちらこちらにあり、目視で発見できる劣化もあれば、打撃によって発見される隠れた劣化もあります。

3.JPG

塗り始める前の外壁調査を念入りに行い、損傷劣化をすべて発見しなくてはなりません。


5.JPG

約40日間の施工が始まりました。

6.JPG

入居者の皆様にはご不便をおかけしますが、無事お洒落に塗り替えて完成できるようにしなければなりません。

23.JPG

打撃による検査で、鉄筋が現れてきた部分が数か所ありました。
水分を含んで錆びています。
このような箇所は錆びた鉄筋に浸透性の錆止め剤を塗りました。
鉄の奥まで浸透し、水分と化学反応をして錆そのものを硬化させて錆の進行を止めます。

24.JPG

そのうえで、ALC補修材で損傷部位を埋めます。


7.JPG

塗膜の剥離部分や外壁下地のひび割れをすべて補修します。

8.JPG

塗膜を補修する場合は吹き付け模様も復元させる工事も必要です。

9.JPG

建物が大きくても、細かな補修を見逃さないように、住宅を施工するときとまったく同じ集中力で施工します。

11.JPG

マンション名のプレート文字は汚れていましたが、下地がしっかりしていましたので、バイオ洗浄することにしました。

12.JPG

以前、さっぽろ羊ケ丘展望台「ブランバーチチャペル」の外壁洗浄工事でも素晴らしい威力を発揮したバイオ洗浄剤です。

13.JPG

すでにその威力は経験済みなので施主様にも自信をもってお勧めできました。

14.JPG

例えば「郷」の文字の汚れ。
洗浄すると。

15.JPG

このようになります。

16.JPG

ネームプレートの洗浄完了です。

17.JPG

バルコニーの床も塗装しました。
泥やホコリをきれいに清掃してから塗ったのですが、入居者の皆様にバルコニーに保管していた荷物をすべて一時的に室内に移動してもらいました。
フォレストヒルズ南郷の入居者の皆様は本当に協力的で助かりました。

18.JPG

下塗り+上塗り2回のウレタン塗装です。
入居者の皆様のお陰様でバルコニーの床もスムーズに、綺麗に塗ることができました。

19.JPG

建築当時はお洒落だったレンガタイル。
この部分は塗装ができません。

20.JPG

そこで、レンガタイル部分は金属系サイディングを施工しました。
照明も取り替えて華やかなになりました。

21.JPG

完成です。
とてもお洒落になりました。

22.jpg

バルコニーの壁を白く塗ったことで立体感も出ました。
入居者の皆様には毎日のように声をかけていただき、完成に近づくにつれ、その変わりように嬉しいご感想をいただきながらの施工でした。
先ほども書きましたが、入居者の皆様の協力的な対応にとても助けられました。
そして、施主様は初めから終わりまで当店を信頼していただき、最後にとてもご満足いただけたこと、それが何よりです。

おわり

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
  住まいの塗装 あおば塗工舎
【ホームページ】 http://www.aoba-tokosya.com/
【フリーダイヤル】 0120-970-929
【FAX】 011-206-6110
【E-Mail】 info@aoba-tokosya.com
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●



posted by mjoy at 16:41| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月08日

木の城たいせつ(耐雪ハウス)の対角線側脱却塗装

こんにちは、宮本です。
なぜか多い「木の城たいせつ」の塗り替え工事。今年も何棟かご用命いただいた中の1棟をご紹介します。

1.png

1997年建築の住宅です。施主様はこの住宅のお二人目のオーナー様です。

2.png

ご要望は、耐久性や美観の向上はもちろんですが、「木の城たいせつ」のイメージからできるだけ対角線側に脱却したいとのことです。

3.png

ある程度の希望イメージをお持ちでしたので、何度か打ち合わせを行いながら私がそのイメージを吸収して細部の補強をしていけばよかったので、完成イメージの構築はとてもスムーズでした。

4.png

完成イメージに忠実に塗ることも大切ですが、本来の目的である耐久性の向上もおろそかにはできません。

5.png

木の城たいせつの住宅には非常に多くのコーキング箇所があります。

6.png

そのコーキングを1つひとつというか、1本いっぽんを丁寧に撤去して、新たに打ち替える作業に時間を費やしました。また、木の城たいせつ特有の外壁リシン模様の砂。これを除去する作業も重要です。

7.png

あまり目につかない場所、なかなか気づかない場所の補修や塗り込みはどの住宅であっても丁寧に施工します。

8.png

換気フードの周囲もきっちり丸くコーキングを打ち替えるこだわりは全ての職人に浸透しています。

9.png

だんだんと完成に近づいてきました。塗料は時にツヤ有を、時に半ツヤや3分ツヤをおすすめします。
今回は濃い色の部分を考慮して半ツヤ仕上げを提案しました。

10.png

完成です。クールな感じでなかなかいいですね。
「白」の部分は白ではなく、やや黄色も混じった白です。そして「黒」の部分は黒ではなく、黒に近いグレーです。

11.png

見る角度によって重量感が違って見えますね。

12.png

化粧枠の「白」がとてもいいアクセントになっています。

13.png

ガレージシャッターも「黒」く塗りました。

14.png

そして灯油タンクも。

15.png

玄関ドアは施主様の希望で、木目を塗りつぶした感じで仕上げてほしいとのことです。

16.png

このような仕上げにしました。玄関ドアも半ツヤ仕上げです。

ご要望どおりに「木の城たいせつ」の対角線側に脱却できたイメージに仕上がったと思いますがいかがでしょうか?
施主様にはとても気に入っていただきました。

おわり

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
  住まいの塗装 あおば塗工舎
【ホームページ】 http://www.aoba-tokosya.com/
【フリーダイヤル】 0120-970-929
【FAX】 011-206-6110
【E-Mail】 info@aoba-tokosya.com
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●



posted by mjoy at 23:09| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月03日

札幌・江別の外壁塗装店 住宅の塗装工事 アイボリーと茶系のツートンカラー

こんにちは、宮本です。
今年の春施工した、住宅の塗装工事につてご紹介いたします。

1.png

外壁は一部、内部結露によって凍害しており、交換が必要です。
また、換気フードの割れもあり、換気フードの交換も行います。

2.png

色はアイボリーと茶系のツートンカラーがご希望とのこと。
建築後初めての塗装ということもあり、施主様には塗装工事対する予備知識がなく、当店のほかにも数社に見積りを依頼されていましたが、ご縁があり当店で施工させていただくことになりました。

3.png

完成です。非常にまとまりの良い仕上がりになったなと思います。

4.png

「土台水切りの出隅役物」が破損していましたので、修理することにしました。

5.png

部品を調達し、加工して取り付けました。玄関前なので破損したままでは美観がよくないですよね。
ご覧のとおり、綺麗に取り付けできました。

おわり

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
  住まいの塗装 あおば塗工舎
【ホームページ】 http://www.aoba-tokosya.com/
【フリーダイヤル】 0120-970-929
【FAX】 011-206-6110
【E-Mail】 info@aoba-tokosya.com
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
posted by mjoy at 19:42| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月07日

札幌・江別の塗装店 「うわぁ・・・こんなに」が嬉しい

こんにちは、宮本です。
今年完成した塗装工事の中から、ひとつご紹介します。

1.png

築約10年目の住宅です。
一部デザインボードでタイル模様になっております。
施主様のご要望は、色が薄いノーマルボードの部分を濃い色にして、デザインボードの部分は淡い色に仕上げたいとのことです。

2.png

デザインボードは施工前と同じ2色塗装をご希望です。
その他にも、コーキングの補修、バルコニーの床補修などもご用命いただきました。

3.png

2色塗装はまず目地部分(凹部)の色で2回塗りを行い、凸部の色を短毛のローラーでなぞるように塗りますが、軽く且つしっかり塗料が密着するように施工します。

4.png

完成です。
施主様の第一声は「うわぁ・・・こんなに綺麗になるんですね。」と。
その感想が聞きたくていつも仕事をしてるので、私もとても嬉しいです。

5.png

目地の色と凸部の色の調和がいい感じですね。柔らかい印象になりました。

6.png

ノーマルボード部分の濃い色とのバランスもよく、ご近所の方々からも「本当によくなったね。」と褒めていただけました。

おわり

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
  住まいの塗装 あおば塗工舎
【ホームページ】 http://www.aoba-tokosya.com/
【フリーダイヤル】 0120-970-929
【FAX】 011-206-6110
【E-Mail】 info@aoba-tokosya.com
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
posted by mjoy at 23:41| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月21日

札幌・江別の塗装店 緊張の塗装

こんにちは、宮本です。

今日は意外と多い木製玄関ドアの塗装について。

1.png

木製ドアの塗装は緊張します。
間違えると後戻りできないので大変なのが木の塗装です。
それが木製の玄関ドアですとなおさらです。

2.png

塗料の吸い込み具合がピンポイントで変化して色ムラが起こりますし、既存の塗料との相性もあります。
塗りながら、吸い込み具合や載り具合を確認して修正しながら塗っていきます。

今年の春、天然木の玄関ドアを塗りました。

3.png

上の画像がご相談を受けた時の状態です。
色褪せが起きています。この玄関ドアを甦らせてほしいとの施主様のご要望でした。

4.png

まずはサンドペーパー#180で旧塗膜をある程度落としました。
この作業をケレンといいます。
絶対に木目に逆らわず、慎重に。
木製玄関ドアの塗装の仕上がりはこのケレンが全てといってもいいくらい大切な作業です。

5.png

傷み具合から判断すると、オイルステインを塗る前に、下塗りが必要であると判断しましたので、カラレスという下塗りを塗布しました。

6.png

そして、オイルステイン1回目。ケレンに時間をかけてしっかり行ったのでとてもいい感じに色が着きました。

7.png

そして仕上げのオイルステイン2回目。
蘇りましたね。
緊張の甲斐あって、無事に仕上がりました。
施主様大満足で私もうれしくなりました。

おわり

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
  住まいの塗装 あおば塗工舎
【ホームページ】 http://www.aoba-tokosya.com/
【フリーダイヤル】 0120-970-929
【FAX】 011-206-6110
【E-Mail】 info@aoba-tokosya.com
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●




posted by mjoy at 23:35| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月16日

札幌 江別の塗装店 あまり変えずに、すっかり変えたい。

こんにちは、宮本です。
今日の天候は屋根塗装日和でした。
というのも、雨の心配はほとんどなく、気温がほどよい涼しさのため屋根上の作業中に暑さで意識が遠くなりかける心配もなく、快適に作業ができます。

と、いうことで今日は一日中屋根の錆止め塗装をしておりました。
他のスタッフは札幌市内で、ほかに3か所の現場に分散して作業をすすめてもらいましたが、私は1名のスタッフとここで作業をしておりました。(撮影者:スタッフN氏)

1.png

私、重度の花粉症で、作業中も、商談中も、自宅で仕事中も、マスクを外せません。
お客様と会話をする時くらい外せばいいようなものですが、外すとみるみるうちに目が赤くなり、涙が溢れてきます。この画像もマスクを着けておりますが、体の具合が悪いわけではありません。

急斜面の屋根なので足にロープを絡めて命綱替わりにしております。

お話は変わりますが、昨日完成した住宅の塗装工事をご紹介します。

施工前の画像

2.png

中期のミサワホームです。
施主様のご要望は耐久性のあるしっかりとした施工はもちろんですが、現在のイメージをあまり変えずに、それでも明らかにイメージが変わったようにしてほしい、とのことでした。
少々難しいご要望ですが、なんとなくわかる気がしました。

完成です。

8.png

どうでしょうか?あまりイメージを変えずに明らかにイメージが変わったように見えるでしょうか?

4.png

風除室の中にある階段はボージンテックスという塗料を塗って、汚れづらくしました。

5.png

施工前は基礎部分がチョコレート色でした。

6.png

塗り替えで基礎は中濃のグレーにして、ひび割れなどを改修し、汚れづらい塗料(超撥水性シリコン塗料)で仕上げております。
バルコニー部分を色替えして、さらに豪華なイメージになりました。

7.png

基礎に施工した超撥水性シリコンは、汚れづらく耐久性があります。
下塗りにカチオンフィーラーを塗布したあとカチオンシーラーも塗布しました。

施主様は大変喜んでいただき、お引渡し後私もホッとしました。

おわり

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
  住まいの塗装 あおば塗工舎
【ホームページ】 http://www.aoba-tokosya.com/
【フリーダイヤル】 0120-970-929
【FAX】 011-206-6110
【E-Mail】 info@aoba-tokosya.com
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
posted by mjoy at 21:59| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする